【ORT】石阪京子式片づけ術で大量絵本を収納する手順【オックスフォードリーディングツリー】

★子供英語教材「オックスフォードリーディングツリー(ORT)」は、多読用に人気な英語絵本。シリーズを揃えると数百冊にも及びます。

このブログ記事では、片づけアドバイザー・石阪京子さんの収納術で、約350冊のORT絵本を整理した様子を実録レポ。レベル(ステージ)ごとの本の分量がわかりやすいように、写真入りで詳しく説明します★


こんにちは!子供英語教材ナビゲーターのすみれママ(@Sumire_Mum)です。

イギリスの学校で教科書(副読本)に使われており、効果が高いと評判の英語教材「オックスフォードリーディングツリー(Oxford Reading Tree、以下ORT)」。

小学生の息子の多読学習のために、音声ペン(タッチペン)のマイヤペン(※)と一緒に、ORTのサウンドブックを大量購入しました。(安く買うために中国版を選びました。ORT中国版購入記はコチラ

が、一度に350冊以上を購入したため、どこに収納するか悩み・・・

カラーボックス1台+A4ファイルボックスで、「ORT書庫」をつくりました。

オックスフォードリーディングツリー ORT 小型絵本 薄い絵本 ファイルボックス カラーボックス 収納

ORTに限らず、DWEやCTPなどの子供英語教材も、背表紙がない薄い絵本なので、収納や管理に悩む方が多いようです。

前回記事では、小型の薄い絵本を収納するための、ファイルボックスの選び方などを紹介しました。今回は、実際の収納手順について書いてみたいと思います。

※マイヤペン(MaiYaPen):専用シールをタッチすると設定した音声を再生できるペンで、中国企業の麦芽グループが製造・販売しています。マイヤーペン、メイヤペンとも呼ばれています。



1)薄い絵本をファイルボックス収納する手順

前回記事でも書いたのですが、絵本収納は、大人目線の「しまう収納」子ども目線の「見せる収納」を切り分けて行うのがコツ。

大量の絵本 分類 ラベリング 適切なものを選んで ディスプレイ しまう収納 見せる収納

ここでいう「しまう収納」のために、まずA4ファイルボックス3段カラーボックスを用意しました。

オックスフォードリーディングツリー(ORT)の絵本は、300冊程度であれば3段カラーボックスに収まります。

ファイルボックスの数は、本の冊数によって変わってきますが、ORTの基本シリーズ「Biff, Chip and Kipper Stories」全228冊なら、幅10cmのA4ファイルボックス9個(=3段カラーボックス1段につき3個)で十分足ります。

そして本を分類・収納した後、付箋などで仮ラベリングします。

オックスフォードリーディングツリー ORT ファイルボックス収納の仮ラベリング

仮ラベリング状態のときの我が家のカラーボっクス

この仮ラベリングが大事で、しばらくこの「仮状態」で運用してみると、使い勝手の悪い部分が出てくる場合が結構あるんです。

そうしたら、ラベリングを変えて改善していきます。

オックスフォードリーディングツリー ORT ファイルボックス収納の仮ラベリング

1~2週間運用してみて、このラベリング配置でOK!となったら、ラベル印刷・貼付をします。

(もちろんお好みで手書きラベルもOK)

オックスフォードリーディングツリー ORT ファイルボックス収納

1段目

オックスフォードリーディングツリー ORT ファイルボックス収納

2段目

オックスフォードリーディングツリー ORT ファイルボックス収納

3段目

我が家は基本シリーズ「Biff, Chip and Kipper Stories」以外にも、新シリーズ「Decode and Develop」や続編「タイムクロニクル」も買ったので、冊数が多くてカラーボックス1台に収まりませんでした。

オックスフォードリーディングツリー ORT ファイルボックス収納

ファイルボックス2つ分がはみ出ちゃった・・・

こちらは納戸に一時保管することに。(使う時期が来たら、ファイルボックスに入れた状態で保管し、ファイルボックスごと入れ替えます)

これで図書館の「書庫」が完成という感じです。

2)実録!幅10cmのファイルボックスへORT絵本をレベル別に入れてみた

ファイルボックスの容量をイメージしていただく参考に、「幅10cmのファイルボックスへ、ORT絵本をレベル別に入れてみた写真」を掲載しますね。

写真は、ファイルボックスを横向きに倒して撮影しています(空きスペースをわかりやすくするため)。

※「Biff, Chip and Kipper Stories」のStage1からStage9までの写真になります。

※我が家のORTは中国廉価版で、正規版と紙質が異なるものがあります。それから、Stage1とStage1+には自作の薄いビニールカバーを付けています。大体の目安ということをご了承ください。

Stage1

オックスフォードリーディングツリー ORT ステージ1 stage1 24冊

8ページの本が24冊です。幅10cmのファイルボックスの3分の2くらいが埋まります。

Stage1+

オックスフォードリーディングツリー ORT ステージ1+ stage1+ 36冊

8ページの本が36冊です。幅10cmのファイルボックスに余裕があります。

Stage2

オックスフォードリーディングツリー ORT ステージ2 stage2 36冊

16ページの本が36冊です。Stage2が一番ボリュームありますね。幅10cmのファイルボックスいっぱいになります。(取り出せないほどキツくはないです)

Stage3

オックスフォードリーディングツリー ORT ステージ3 stage3 24冊

16ページの本が24冊です。幅10cmのファイルボックスの3分の2くらいが埋まります。

Stage4

オックスフォードリーディングツリー ORT ステージ4 stage4 24冊

16~24ページの本が24冊です。幅10cmのファイルボックスの4分の3くらいが埋まります。

Stage5

オックスフォードリーディングツリー ORT ステージ5 stage5 24冊

24ページの本が24冊です。幅10cmのファイルボックスの3分の2くらいが埋まります。

Stage6

オックスフォードリーディングツリー ORT ステージ6 stage6 18冊

24~32ページの本が18冊です。幅10cmのファイルボックスに余裕があります。

Stage7

オックスフォードリーディングツリー ORT ステージ7 stage7 18冊

32ページの本が18冊です。幅10cmのファイルボックスの4分の3くらいが埋まります。

Stage8とStage9

オックスフォードリーディングツリー ORT ステージ8 stage8 ステージ9 stage9 各12冊 合計24冊

32ページの本が12冊ずつです。冊数が少ないので、2つのレベルの本を1つのファイルボックスに入れています。幅10cmのファイルボックスちょうどぴったりくらいです。


このように、「Biff, Chip and Kipper Stories」のStage1からStage9までの228冊なら、3段カラーボックス1台に、かなりゆとりをもって収納できます。

もう少し詰めて収納すれば、他の絵本なども収納できますね。



3)片づけアドバイザー・石阪京子先生の書類整理術が参考になる!

私は、自宅でも職場でもファイルボックス収納をしています。

自宅では書類だけでなく、キッチン道具・洗面台下・薬・靴下まで、何でもラベリングしたファイルボックスに投げ込んでます(投げるんかい)

いつも参考にしているのが、片づけアドバイザー・石阪京子さんの書類収納術。

片づけアドバイザー石阪京子流ホームファイリング 片づけアドバイザー石阪京子流ホームファイリング 片づけアドバイザー石阪京子流ホームファイリング

(画像はいずれも石阪京子ブログ「片づけの向こう側」より)

「小物も、書類のように A4サイズにまとめると、検索性が上がる」という着眼点がスゴイ!

以前、我が家の収納スペースは腐海でしたが、これで見た目がスッキリし、探し物時間も短縮されました♪

ファイルボックスを引き出せば、奥の物も取り出しやすくなるし、投げ込むだけなので、使ったものを戻せない家族でも協力しやすいです。

石阪さんの片づけレッスンは、なんと予約2年待ちなので、本でメソッドを学びました。

石阪京子 奇跡の3日片づけ 講談社

「奇跡の3日片づけ」は辞書のように長く活用できる本。どこを片づけるか、何を片づけるかによって、毎回この本で「場所ごと」「アイテムごと」の片づけのコツを調べながら片づけています。

「夢をかなえる7割収納」では、より具体的な片づけテクニックがわかります。「7割収納」はリバウンドしないためにとても大事!

石阪京子 週末3日でかなう片づけ術 宝島社

「週末3日でかなう片づけ術」は、写真がたくさん載っているムック本なので、具体的にイメージが湧きます。

石阪京子 たった1つの場所を片づければ一生散らからない カドカワ

「たった1つの場所を片づければ一生散らからない」は、家族で片づけに取り組んだ「森山家」と「大村家」の事例がマンガになっていて、片づけの前後・プロセスの心の変化がすごくわかりやすいです。

(画像はいずれもhttps://amazon.co.jpより)

前節で説明した「仮ラベリング」も、石阪さんの片づけメソッドにある「仮置き」にあたるものです。

この方法でORT絵本を管理すると、必要な本がすぐに探し出せるし、ゆとりある「7割収納」で取り出しやすく、いいことづくめ。

そして、この「書庫」からセレクトしたものを、子どもが手に取りやすいように、透明ウォールポケットで「見せる収納」しています。

オックスフォードリーディングツリー ORT ウォールポケット収納

我が家のリビングの壁面はこんな感じです

まとめ

今回のブログ記事では、オックスフォードリーディングツリー(ORT)を始めとする英語教材や薄い絵本を、大量に管理するためのファイルボックス収納について、実例を紹介しました。

ポイントは、

  • 「仮ラベリング」のひと手間が、使い勝手のよい絵本棚をつくる
  • 片づけアドバイザー・石阪京子先生の書類収納術にヒントあり

といった点です。ブログ記事の内容を、よろしければ参考にしてくださいね^^

次の記事では、透明ウォールポケットを使ったORT絵本の「見せる収納」について書いてみたいと思います。