ORTステージ1「Wordless Stories A」内容と効果|オックスフォードリーディングツリー レベル1

★英語絵本の「オックスフォードリーディングツリー(ORT)」は、レベル順に読み進めていくと英語力がアップする、効果的な教材です。

このブログ記事では、ステージ1「Wordless Stories A」の6冊について、内容のあらすじを紹介します。そして絵本の感想や、実際に子どもと読んでみてどうだったか、自分の体験をレビューしてみます★


こんにちは!子供英語教材ナビゲーターのすみれママ(@Sumire_Mum)です。

イギリスの約80%の小学校で教科書(副読本)として使われていて、学習効果に定評ある「オックスフォードリーディングツリー」(Oxford Reading Tree、以下ORT)。

30年以上の歴史があり、世界130ヶ国で読まれている人気の絵本です。

我が家ではこの絵本を、

  • 息子が保育園のとき(stage1からstage2まで)→
  • イギリス現地小学校で(stage3からstage9まで)→
  • 帰国して数年のブランクの後、英語力回復を目指して

と長年愛用しています。

自分がORT初心者だったとき、冊数が多すぎて何から選んでいいかわからなかったので、「内容のあらすじやレビューがまとまっていたら便利だよなあ」と思っていました。

時は流れ、全冊持っている&読み終わっている現在、「自分で内容や感想をまとめてみよう」と思った次第です。

ORTの使い方や英語学習の進め方の参考になればうれしいです。




1)ORTステージ1「Wordless Stories A」の概要

オックスフォードリーディングツリー ORT レベル1 ステージ1 stage1 Wordless Stories A 6冊セット表紙

(画像出典)amazon.co.jp

タイトル以外に文字が登場しない「絵だけ」で8ページの絵本です。

絵だけでもユーモラスで楽しめるのですが、8ページであっという間に見終わってしまうし、コスパ考えちゃいますね(日本で買うと1冊あたり500円以上ですし・・・)

ちなみに、うちにある中国廉価版には、親などが読み聞かせするための英文が書かれているんですよ。ORTで言うとstage3くらいの難易度かな。我が家の絵本は中国版のサウンドブックなので、音声ペンでなぞると、その英文が朗読されます。

 

2)このシリーズの主な登場人物

キッパーの顔 オックスフォードリーディングツリー ORT

キッパー(シリーズの主人公)

チップとビフの顔 オックスフォードリーディングツリー ORT

チップ(兄)&ビフ(姉)

ママとパパの顔 オックスフォードリーディングツリー ORT

お母さんとお父さん

犬のフロッピー オックスフォードリーディングツリー ORT

飼い犬のフロッピー

(※画像出典はいずれもamazon.co.jp)

 

3)ORTステージ1「Wordless Stories A」各巻のあらすじ&レビュー

それでは、このシリーズの各巻について、あらすじとレビューを紹介していきたいと思います。

 

At School

オックスフォードリーディングツリー ORT レベル1 ステージ1 stage1 Wordless Stories A At School 表紙

(画像出典)amazon.co.jp

  • レベル(ステージ):1
  • ページ数:8ページ
  • 語数:2(タイトルのみ)

 

<あらすじ>

  • タイトル:At School(学校にて)
  • 副題:Kipper’s first day at playschool.(キッパーの保育園初日)

お母さんはキッパーを、初めてナーサリースクール(保育園)に連れて行きます。

最初はみんなと遊びたがらなかったキッパーも、だんだんと慣れてきて、帰る頃には・・・

 

<コメント>

この巻は、たくさん園児たちが遊んでいる場面が、表情豊かに描かれています。

おままごとでお料理をしている子やアイロンがけをしている子、ブロックを積んでいる子、水槽で水遊びをしている子・・・

ネイティブ親子なら、「この子は何をしているのかな?」って英語で発問してやりとりできるんだろうなあ~

 

Getting Up

オックスフォードリーディングツリー ORT レベル1 ステージ1 stage1 Wordless Stories A Getting Up 表紙

(画像出典)amazon.co.jp

  • レベル(ステージ):1
  • ページ数:8ページ
  • 語数:2(タイトルのみ)

 

<あらすじ>

  • タイトル:Getting Up(朝起きて)
  • 副題:What is the surprise?(サプライズは何?)

 

キッパーは朝起きて、引き出しから「秘密の物」を取り出し、暖かい格好をして兄姉たちと庭に出ます。

そして家の中に向かって手を振って・・・

 

<コメント>

ORTのキッパーシリーズは、ぬいぐるみの表情がかわいい♪ページによって表情が変化しているのが、私も息子もお気に入りです。

この巻も、クマのぬいぐるみの表情だけでストーリーがつくれそうなほどの存在感です。

ストーリーは、ちょっとわかりにくいかなあ。

この巻でパパの年齢初めて知りました。結構若い!




Look Out!

オックスフォードリーディングツリー ORT レベル1 ステージ1 stage1 Wordless Stories A Look Out 表紙

(画像出典)amazon.co.jp

  • レベル(ステージ):1
  • ページ数:8ページ
  • 語数:2(タイトルのみ)

 

<あらすじ>

  • タイトル:Look Out!(気をつけて!)
  • 副題:Kipper rides his bike.(キッパー、バイクに乗る)

 

友達から三輪車を借りたキッパー。

そのせいで、家の外も中も大変なことに・・・

 

<コメント>

レンガ造りで芝生があって、芝刈り機で庭のお手入れをしている風景が、THE・イギリスという感じです。

(我が家は在英中、一軒家を借りていましたが、賃貸契約書に「生け垣と芝生はちゃんと刈って手入れすること」って書かれてました・・・)

うちの息子は、庭に干された洗濯物の中にブリーフを見つけ「ぱんつ!ぱんつ!」と大喜びしていました。

たぶん日英とも、男児ってクレヨンしんちゃん的な脳ミソなんでしょうね(笑)

キッパーシリーズでは、登場人物に顔に

オックスフォードリーディングツリー ORT レベル1 ステージ1 stage1 Wordless Stories A Look Out 表紙

このシワが出現したときは、よからぬことを企んでいるサインです!

 

The Haircut

オックスフォードリーディングツリー ORT レベル1 ステージ1 stage1 Wordless Stories A The Haircut 表紙

(画像出典)amazon.co.jp

※この巻は、Oxford OWL(オックスフォード オウル)で電子書籍を無料で読めます。登録方法などはコチラ

  • レベル(ステージ):1
  • ページ数:8ページ
  • 語数:2(タイトルのみ)

 

<あらすじ>

  • タイトル:The Haircut(散髪)
  • 副題:Kipper and Dad get a haircut.(キッパーとお父さん、髪を切る)

 

キッパーとお父さんは、一緒に床屋さんへ行きます。

軽快なハサミの音に合わせ、キッパーとお父さんの髪型は・・・

 

<コメント>

get a haircutは「(他人に)髪を切ってもらう」という意味です。have a haircutでも同じ意味。

自分で切るときは「I cut my own hair.」になりますね。

髪を切ってもらっている最中、キッパーとお父さんがいろいろな表情に。

そして、家に帰ったときのお母さんの顔。

(英語が話せる親子なら)「何て言ってるのかなあ?」と発問・対話も弾みそうです。

 

The Lost Teddy

オックスフォードリーディングツリー ORT レベル1 ステージ1 stage1 Wordless Stories A The Lost Teddy 表紙

(画像出典)amazon.co.jp

※この巻は、Oxford OWL(オックスフォード オウル)で電子書籍を無料で読めます。登録方法などはコチラ

  • レベル(ステージ):1
  • ページ数:8ページ
  • 語数:3(タイトルのみ)

 

<あらすじ>

  • タイトル:The Lost Teddy(失くしたテディベア)
  • 副題:Kipper forgets Teddy.(キッパー、テディベアを忘れる)

 

キッパーはお母さんとバスで街へ出かけました。

しかしキッパーは、バスにお気に入りのぬいぐるみを忘れてしまいます。

悲しむキッパーを慰める兄姉たち。

ぬいぐるみは見つかるでしょうか?

 

<レビュー>

この巻は、とっても絵がかわいくて癒されます♪

キッパーがいつも手に持っているお気に入りのテディベアのぬいぐるみは、ページによって表情が変わったりして、とってもユーモラス。

子どもたちもクマさんの表情の変化を面白がっていて、シリーズ通しての名脇役でもあります。

キッパーとお母さんはバスステーションの忘れ物預り所へ行くのですが、そこには山盛りのメガネや入れ歯があって、息子と大笑いしました。

 

The Library

オックスフォードリーディングツリー ORT レベル1 ステージ1 stage1 Wordless Stories A The Library 表紙

(画像出典)amazon.co.jp

※この巻は、Oxford OWL(オックスフォード オウル)で電子書籍を無料で読めます。登録方法などはコチラ

  • レベル(ステージ):1
  • ページ数:8ページ
  • 語数:2(タイトルのみ)

 

<あらすじ>

  • タイトル:The Library(図書館)
  • 副題:Kipper chooses some books.(キッパー、本を選ぶ)

キッパーはお父さんと図書館へ行きます。

図書館には面白そうな本がいっぱい!

どれを借りて帰ろうかな・・・?

 

<レビュー>

最初のページは、(中国版に載ってる英文によると)お父さんが延滞を謝っているところです。これ文字がないとわかりにくいかも。

最後のページの図書館スタッフの人の表情がいいです。こうした伏線がキッパーシリーズの楽しいところ。

我が家も在英時は市立図書館によく通いました。子ども向けの本やDVDを無料で借りられてとても助かりました。

田舎の図書館だったけど、日本の漫画もたくさんあって楽しかった!




4)ORTステージ1「Wordless Stories A」のまとめ

Oxford Reading TreeのWordless Storiesについて、出版社の公式サイトには、以下のような説明があります。

「本」という形に慣れ、ORTの世界に親しんでもらうことを目的として、登場人物たちの日常生活を紹介します。このパックには文字は出てきませんが、イラストにストーリー性があり、子どもたちの想像力を刺激します。また、慣れてきた子どもたちは、イラストを見ながら自ら英語でストーリーを語ることにより学習を進めることができます。

(Oxford University Press日本公式より)

この「イラストを見ながら自ら英語でストーリーを語る」って相当な英語力・・・ノンネイティブにはハードル高い・・・

ですので、stage1のWordless Storiesの2パックは、「ノンネイティブにはあまり使えない」と判断し、買わない方も多いと思います。

私も、息子幼少時(渡英前)に日本版を買ったときは、Wordlessは買わずに、文字のあるシリーズから揃えましたよ。

 

 

ちなみに、ORTの絵本を選ぶには、次の2冊の書籍がオススメです。

古川昭夫 宮下いづみ 小学校教科書で始める親子で英語絵本リーディング 小学館

古川昭夫・宮下いづみ「小学校教科書で始める親子で英語絵本リーディング」小学館

この本の解説記事はコチラ

古川昭夫 宮下いづみ イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ 小学館

古川昭夫・宮下いづみ「イギリスの小学校教科書で楽しく英語を学ぶ」小学館

本の解説記事はコチラ

以上、ORTの絵本選びや使い方・進め方の参考になれば幸いです^^

 


↓↓↓ORTレビュー記事(ステージ1)の目次はこちら

<ステージ1>

 


↓↓↓ORTレビュー記事(全体)の目次はこちら

<ステージ1>

<ステージ1+>

<ステージ2>

<ステージ3>

<ステージ4>

<ステージ5>